残業は能力不足を指摘されることもある

勤務時間内に効率良く仕事を進めよう

ワークライフバランスの理念を重視している外資系企業においては、残業が多い社員は能力不足として評価が低くなることがあります。そのため、仕事上で評価を上げるためには、なるべく勤務時間内に効率良く仕事を進められるように努力することが大切です。また、勤務先によって一人あたりのスタッフが担当する仕事量が大きく異なるため、無理なく仕事をこなす上で、仕事内容と人員配置に注目をして職場選びをすると良いでしょう。最近では、業務の効率化や残業時間の減少などを目的として、人員増強を行ったり、様々なシステムの導入を進めたりする外資系企業も増えているため、安心して働ける環境が整っている企業をじっくりと見極める必要があります。

一か月あたりの残業時間が少ない企業を見つけよう

外資系企業に転職して仕事とプライベートの時間の両方を充実させたい場合には、一か月あたりの残業時間が少ない企業を見つけることがとても大切です。中でも、幅広い年代の社員が働いているところや、女性社員の活躍が顕著なところでは、ワークライフバランスの理念が浸透していることもあり、様々な立場の人から働きやすくなっています。また、外資系企業の中には日本企業よりもノー残業デーを徹底しているところも多くあるため、転職サイトや転職セミナーなどを利用しながら、企業ごとの残業の事情を比較してみましょう。その他、残業を無くすためには社員間の協力が不可欠のため、就活中にコミュニケーションが活発な外資系企業を探すことがおすすめです。