自宅から会議に参加するのもアリ

外資系ならリモートワークの取り入れが多い

転職してワークライフバランスの充実を目指したいと考えたときに、外資系企業でよく取り入れられているリモートワークに注目してみましょう。外資系企業では自由なワークスタイルで働くことを奨励しつつ、経営コストを削減するためにリモートワークの導入を進めていることがあります。リモートワークとは企業が用意しているオフィスに勤務する必要がなく、自宅やシェアオフィスなどの自由なところで仕事ができる働き方です。自宅で働くというのが最も多いパターンで、通勤時間が全くかからないので時間の節約ができます。また、合間の時間に家事や育児などをすることもできるので、ワークライフバランスを重視したい人にとって魅力がある働き方です。

会議ですら自宅から入れる

リモートワークが取り入れられていたとしても、会議をするときになるとオフィスまで行かなければならないだろうと思うかもしれません。そのような企業もないわけではありませんが、会議であっても自宅から入れるようにしてあるケースも多くなっています。テレビ会議システムを使ってパソコンやスマートフォンなどで会議に参加できるようにしているのです。基本的には音声と映像による通信ですが、プレゼンテーションファイルなどを共有することもできます。情報の漏洩が問題にならないような場所で会議に入る必要があるものの、自宅であればあまり心配がありません。外資系企業に転職すると自宅で会議への参加までできてしまうようになる可能性があるのです。