女性に働きやすい職場が多い

長期の休暇を取得しやすい外資系企業が増えている

ワークライフバランスの考え方が社内に浸透している外資系企業の中には、女性社員が安心して働けるように、長期の休暇を取得できる環境を整備しているところが増えています。特に、産休や育休の際にスムーズに休暇の申請ができるところや、職場復帰のサポートが充実しているところは、外資系企業で長くキャリア形成をしたい女性にとって、魅力的な勤務先としてえらばれるようになっています。また、転職者の受け入れが活発な外資系企業においては、休暇制度の魅力をアピールして、様々な業界から能力の高い人材を集めようとする動きが見られます。そうした中、休暇制度を重視して外資系転職に向けて活動したい場合には、積極的に各地で行われる企業セミナーや合同面接会などに参加してみましょう。

女性管理職の割合が大きい外資系企業を探してみよう

女性管理職の割合が大きい外資系企業の数は全国に多くあり、日本企業と比べて性別のハンデを感じることなく、自分のペースでキャリアアップを図ることが可能です。最近では、女性管理職が活躍している外資系企業の魅力について、ビジネスに関する雑誌やテレビなどのメディアで度々紹介されることがあるため、職場選びの参考にしましょう。また、外資系企業の管理職登用の基準については、企業ごとに大きな差が見られるため、将来を見据えて時間を掛けて気になる企業の特徴を把握することが大切です。その他、転職活動中に様々な機会を利用して、実際に外資系企業で一般の社員から部長や課長などの管理職に昇格した女性の話を聞いてみるのも良いでしょう。