英語は必須ではないが話せるほうが有利

企業によっては採用後の給料が高くなることもある

外資系転職の際は、英語力は必須ではないものの、社会的な評価が高い資格や検定を持つ人や海外留学の経験がある人については、採用後に給料が高くなることもあります。そのため、転職後に収入アップを期待したい場合には、自分自身の英語力を正しく評価してくれる外資系企業を職場に選ぶことがおすすめです。最近では、営業職や事務職をはじめとして、語学が堪能な中途採用者の待遇を向上させている外資系企業も多くあるため、時間を掛けて志望企業の取り組みについて調べておきましょう。なお、仕事上で必要となる英語力について詳しく知っておきたい場合には、多くの求職者に人気がある外資系企業の人事担当者に相談ができるチャンスを利用すると良いでしょう。

英語が得意な人は優先して管理職に登用されることもある

国内外に多くの支社を構える外資系企業においては、英語が得意な人材を積極的に管理職に登用しているところが多く見られます。特に、海外駐在や外国人の取引先とのやり取りを通じて語学力を高められる環境が整っている企業は、若年層の求職者にとって理想的な転職先の候補としてみなされることがあります。そこで、将来的に外資系企業の管理職のポジションに就きたい人であれば、部長や課長などの役職者に期待される英語力について転職活動を通じてきちんと理解をすることが肝心です。また、転職後に昇進や昇格の試験を効率良くクリアする上で、日々の仕事で成果を上げるだけでなく、ビジネスに通用する英語力を早めに習得することがポイントと言えるでしょう。