専門性スキル

日本の企業では、新入社員に様々な部署を経験してもらって、総合的に活躍できる人材を育てるという理念が中心となっています。しかし外資系で求められている人材はスペシャリストであり、高い専門性スキルを持っている人が転職に有利だと言われています。

スキルを磨けば未経験でも転職は可能

経済のグローバル化に伴って、外資系企業で働く人が増えてきています。外資系企業に入社するためには、高度なスキルと十分なキャリアを有していなければならないと考えられがちですが、実際には求められるスキル…

男女が平等に評価される企業が多い

性別にかかわらず平等に評価をしてもらえる外資系企業は、若年層を中心に理想的な就職先として位置づけられることがあります。特に、男女平等の評価制度が導入されている外資系企業については、求職者向けのメデ…

英語は必須ではないが話せるほうが有利

外資系転職の際は、英語力は必須ではないものの、社会的な評価が高い資格や検定を持つ人や海外留学の経験がある人については、採用後に給料が高くなることもあります。そのため、転職後に収入アップを期待したい…

ワークライフバランス

残業は能力不足を指摘されることもある

ワークライフバランスの理念を重視している外資系企業においては、残業が多い社員は能力不足として評価が低くなることがあります。そのため、仕事上で評価を上げるためには、なるべく勤務時間内に効率良く仕事を…

女性に働きやすい職場が多い

ワークライフバランスの考え方が社内に浸透している外資系企業の中には、女性社員が安心して働けるように、長期の休暇を取得できる環境を整備しているところが増えています。特に、産休や育休の際にスムーズに休…

自宅から会議に参加するのもアリ

転職してワークライフバランスの充実を目指したいと考えたときに、外資系企業でよく取り入れられているリモートワークに注目してみましょう。外資系企業では自由なワークスタイルで働くことを奨励しつつ、経営コ…